長谷川修二の場合

 

最強のプロレスラーを目指すためにレスリングに打ち込む、というのは良くある話だ。

レスリング時代の練習が厳しかったせいか、入団してからも基礎体力には困らなかった。

受け身の習得には苦労したが、不器用ながらも信道進は良くしてくれた。

しかし、最強のプロレスラーを目指すのだから、信道は越えるべき存在だった。

 

その時にできることは全てやってきた。

 

若さに任せて、身体能力任せの危険な飛び技を物怖じせずどんどんやった。

信道との体格差を埋めるため、シュートスタイルの団体へ出稽古に出てバチバチにやった。

ユニットを作り、肉体改造にも取り組み、ヘビー級戦線に旋風を巻き起こした。

信道に初めて勝った時は嬉しかったが、最強と認められるにはまだまだ足りないものがあった。

 

ヤマプロが倒産したのは良いタイミングだった。

 

様々な団体に上がり、反体制として常に抗争を繰り返してきた。

強さには色々な種類があることを知った。全てに対応したかった。

仲間との絆は日々深まり、大切にするものはどんどん増えていった。

そんな中、ヤマプロが復活するとの知らせを聞いた。

 

信道はリング上でリンチを受けていた。

 

試合を観る限り衰えてはいないようだったが、外国人集団にいいようにされていた。

常に体制に立ち向かって壊してきた人生だったが、憧れの存在を守りたいと思った。

そう思った時には既にリングへと走り出していた。

は、憧れの存在を、仲間を、団体を、守りたい。

 

俺は大事なものを守る最強の男になってみせる。

俺の闘争心は、何時どんな時も赤く燃えている。

 

youtu.be