オリジナル選手紹介「花山院 政光」

f:id:oopo:20220323012536j:plain

 

必殺技:四十三ヶ条(監獄固め)

 

派手な技は一切もたず、ひたすら相手を潰しにかかる喧嘩屋。

どんな相手も荒々しく強引にねじ伏せる力と技を持っている。

荒技で叩きのめした後、最後は悲鳴を上げるまで身体を捻り倒す。

 

普段は口数が少なく、何事もキチンと丁寧に扱う人柄。

身の回りのお世話をしてくれる女性が全国に複数人いるという。

通称「ねんごろのマサ」。京都出身。

 

 

政光は筆道の名家である花山院家の長男として生まれた。

幼少より跡取りとしての教育を受け、18歳で許嫁と婚姻を果たす。

しかし、16歳の妻は懐妊中に体調を崩し、亡くなってしまう。

 

嫁の務めとして若くして身籠ることを強要された結果であった。

身体の弱い妻。せめて嫁いで来なければこうはならなかったのか。

自責の念と悲しみに暮れる政光は世話役に相談する。

 

幼少の頃から面倒をみてくれていた一番信頼の置ける女性。

そんな彼女は出家を勧めてくる。それが全ての救いなのだと。

政光は月が雲に隠れる晩、人知れずひっそりと家を出た。

 

罪の意識、不安に縛られていたが、全て解放されると信じていた。

ある日、腹違いの弟が花山院家の跡取りになったとの報を受ける。

その弟の母とは一番信頼していた世話役だというから驚いた。

 

世話役の女性は花山院家当主の妾でもあったのだった。

実の息子を跡取りにするため、政光を陥れる機会を狙っていた。

政光の嫁を弱らせていったのも彼女の策略であった。

 

そうとは知らない政光だが、一体何が起きてるのか理解できない。

何がなんだか分からなくなった政光はある日ひっそりと姿を消す。

それから政光がどこで何をしていたのかを知るものはいない。

 

数年後、政光は北海道でプロレスをしていた。

流れに流れ、円山プロレスのスタッフとして働いていた。

そこへファントム・ヤマプロの誘いでリングデビューを果たす。

 

肉体労働で鍛えられた肉体に生来のバランス感覚が目を引いた。

大きい身体を自在にコントロールできるのは筆道家の所作か。

知る人ぞ知る一定の人気を得ていたが、倒産を機に休業する。

 

ファントム・ヤマプロがヤマプロを設立してしばらくした頃。

政光はふらりと道場に現れた。またリングに上げて欲しいという。

物静かながら丁寧な所作は昔からであるが、何か違和感があった。

 

久しぶりのリングで見せる姿は異様であった。

対戦相手を荒業で徹底的に叩きのめし、執拗に身体を捻りあげる。

相手がタップする前に止めてはまた絞めあげるを繰り返していた。

 

政光は言う。

 

今まで女を言うこと聞かせて生きてきました。世の中は金です。

私は生きるため、何もかも丁寧にわからせてやるだけですから。

私は世の中に見せつけてやるんです。徹底的に。

 

一体何が政光をそうさせるのか。

知るものは誰もいない。

 

 

○fpwnet

https://firepro-w.com/item/detail/232954

 

○紹介動画

オリジナル選手紹介「花山院 政光」【ファイプロW】 - YouTube